寝室には心を落ち着かせる水色や黄緑、茶色、癒されるような優しい色のアイテムを置きましょう。

寝室のコーディネートのポイント

 

寝室のコーディネートのポイントで一番大切なのは、使用するカラー(色使い)となります。寝室は、精神的にも肉体的にもリラックス出来る空間でなければいけません。

 

情熱のイメージのある赤やオレンジなどの刺激の強い色を使った暖色系の色のアイテムはなるべく置かないようにし、心を落ち着かせる水色や黄緑などのアイテムを置くようにして下さい。落ち着いた茶色の家具などは問題ありません。

 

ベッドやシーツなどは白色を使用している方が殆どだと思いますが、それ以外の部屋に置く家具やちょっとした使用カラーに気を配ってみて下さい。

 

また、癒されるような優しい色のアイテムを置くようにして下さい。

 

ピンクなどの色のグッズや家具を置く場合にも、ショッキングピンクのような鮮やかな色ではなく、ベビーピンクのような刺激のない色をチョイスするようにしましょう。

 

さらに、清潔感も大切です。

 

中には寝室が汚い方が落ち着くという方もいらっしゃいますが、心地良い環境で安眠出来るよう白色で統一すると爽やかで清潔感のある寝室になります。

 

枕元などにはなるべく物を置かず、家具は壁に沿ってスペースの邪魔をしないような配置を心がけてみて下さい。 

 

ベッドや布団は部屋の中心にゆとりをとって置き、手足の伸ばせる状態で睡眠出来るようコーディネートしましょう。

 

これら、寝室のコーディネートのポイントではベッドやシーツ、置いている家具やぬいぐるみなどのグッズも含め、使用している色(カラー)が非常に重要です。

 

人間は意識していないつもりでも環境によって、精神状態や交感神経、副交感神経の状態が変わってきます。

 

寝室では、リラックスして疲れを癒し清潔にしておくことで不眠などを防ぎ安眠することが出来るので、寝室のコーディネートを是非、工夫されてみて下さい。