デザイナーズ家具を1つだけ置いても部屋の雰囲気が変わります。

デザイナーズ家具

自分の部屋のインテリアを何とかしたい!と思った時、デザイナーズ家具で統一すると、簡単に部屋のインテリアが決まります。
デザイナーズ家具は1つだけ置いても部屋の雰囲気を変えてくれます。
今回は日本でも人気のあるデザイナー家具と、それを購入するときの注意点をご紹介しましょう。

 

 

人気のあるデザイナーズ家具

イームズ

シェルアームチェアの画像

60~70年代のモダンデザインのパイオニアとして有名な「チャールズ イームズ」。
妻のレイ イームズと共に、数多くの建築や家具をデザインしました。
ムダのない完璧なフォルムは、現代でも多くのデザインに引けを取りません
イームズは、映画制作、写真、展示デザイン、グラフィックデザインなど、この年代のデザインのあらゆる業界に影響を与えています。

 

特に椅子のデザインが秀逸です。花弁を思わせる曲線を活かしたイームズ シェルアームチェアは、座れば誰もがその座り心地の良さに感嘆するはずです。

 

 

ジョージ ネルソン

キャビネットの画像

「存在しないかのような存在感」
収納キャビネットを選ぶならジョージ ネルソンを選べば間違いありません。どんな部屋にもピタリとはまり、その不思議なマッチングが、「存在しないかのような存在感」と絶賛されています。
イームズ夫妻にその才能を見出され、アメリカミッドセンチュリーの立役者とも言われています。

 

 

 

イサム・ノグチ

コーヒーテーブルの画像

ロサンゼルス生まれの彫刻家、画家、インテリアデザイナーでもあるイサム・ノグチ。
公園全体を一つの彫刻に見立てた札幌市のモエレ沼公園を設計したのも、イサム・ノグチです。

 

大学は医学部を専攻したものの、彫刻、照明、家具と色んなジャンルで高名な指導者に恵まれて才能を伸ばしました。陶芸では北大路魯山人に陶芸を学んでいます。
歴史的に有名なイサム・ノグチのコーヒーテーブルは、今でも売り上げを伸ばしています

 

 

 

デザイナー家具の注意点

海外のデザイナー家具を自宅で使用する場合、部屋のサイズを測るのは当然ですが、天井の高さにもちょっと注意が必要です
北欧やアメリカの家具は身長が高い人を想定して作られています
引き出しの開け閉め具合や高さを確認して選んで下さい。
特に高さと幅は、他の家具と合う様に揃えた方が部屋をすっきり見せる事が出来ます。