リビングは、心地良く過ごせるようにコーディネートしましょう。

リビングのコーディネート

リビングは、家の中では一番重要な場所です。
お客様を接待する、家族でくつろぐなど、リビングルームは複数の人間が集まる場所です。
そんなリビングコーディネートのポイントは、「居心地の良さ」が重要と言えるでしょう。

 

目に優しいカラー

目に優しいリビングの画像

シンプルなモノトーンより、目に優しいカラーを選びましょう。
ベージュ、茶色、グリーンなど、ナチュラルなアースカラーも人気です。
長時間過ごしても気分が落ち着く、そんな色がリビングの基本カラーです
ビビットなカラーよりも中間色の方が落ち着きます。

 

 

 

家具は高さを揃える

複数の人が集まる場所は、人間が主役です。
家具はシンプルに、邪魔にならない物を選んで下さい。

 

サイドボードやソファの背もたれの高さを統一すると、部屋を広くすっきりと見せます
背が高い棚は凹凸のないシンプルなデザインで、壁に色が同化すると、インテリアの邪魔になりません

 

高さを揃え凹凸を少なく、これに注意するだけで、部屋の使い心地が良くなります。

 

 

何でもBOXを設置する

藤のボックス画像

リビングには、ついつい子供のおもちゃや雑誌、上着などを置きっぱなしにしがちです。
急な来客や急いでいる時に、リビングに何でもBOXがあると便利です。

 

蓋のついたコンパクトな藤のバスケット、一見置物にみえるけど実は収納BOX等を部屋の隅に置いておきましょう。勿論入れっ放しにしてはいけません。必ず整理整頓して、中を空にしておきましょう。

 

 

台所との間にロールカーテンを

台所とリビングが共有している場合、天井からロール(スクリーン)カーテンを付けると簡単に部屋をセパレート出来て便利です。
油料理の匂いなどはリビングにまで影響しますから、カーテンを付ければ安心です。
使わない時はロールアップさせておけば邪魔になりません。
素敵な柄のカーテンを選べばリビングの印象をガラリと変える事も出来ます。

 

 

○○心地が大切

居心地、触り心地、座り心地といった、リビングのインテリアでは○○心地が大切です。
絨毯やソファーの素材、クッションやスリッパなど、人が触れて気持ちの良い感触の物を選びましょう