家具の配置と使用する色を工夫することで、部屋を広く見せることが出来ます。

部屋を広く見せるには?

 

狭い部屋でもインテリアの工夫や家具の置き場所などで広く見せることが可能です。
ちょっとしたアイデアで可能なので部屋を広く見せたい方は参考にしてみて下さい。
部屋を広く見せる色使いとして白色を基調としたインテリアで統一してみて下さい。

 

壁や天井の色が白い部屋が殆どだと思いますので、白のインテリアを利用するとそういった背景ともうまく溶け込み部屋が広く清潔に感じます。

 

カーテンの色などを白色にすることで白は色を反射させ、部屋内に差し込む光などと融合し爽やかな部屋の印象になります。

 

また、空間の有効活用として壁や天井には明るい色を選び、家具には濃い色を使用するという方法もあります。

 

進出色、後退色などをうまく利用する方法をおすすめします。
空間に奥行きの出るカラーの選択をして下さい。

 

これら、インテリアには配置方法だけでなく空間活用としての色使いにも気を配ってみて下さい。

 

部屋を広く見せるには収納グッズを工夫する必要があります。

 

伸縮性のある収納棚などをホームセンターなどで安く買ってきましょう。

 

テレビ台の下の収納を有効的に使用したり、本などを置いている棚の上間部分も有効活用して下さい。

 

ハンガーラックなども伸縮性の物を利用し、上下2段に洋服をかけるようにしましょう。

 

空間を広く見せるインテリアコーディネートでは、動線(人の動きまわるスペース)を意識して家具を配置する必要があります。

 

壁際や部屋の角に置けるものは壁沿いに置き、中央スペースを大きく確保するように家具の配置を心がけてみて下さい。

 

もう1つポイントとして、部屋の入り口側に大きい家具を置き、奥側に小さい物や高さの低い家具を置くと奥行き感が出ます。

 

目の錯覚を利用した配置などでも部屋を広く見せることは可能です。

 

部屋を広く見せるには、部屋の中での家具の配置と使用する色などを工夫して部屋を広く見せてみて下さい。